アンリアルラバー ~俺には二次元しかないんですよ~

戦略ゲーム・二次元・IT などなど

【大槻 ケンヂ】サブカルで食う 就職せず好きなことだけやって生きていく方法 ~オーケンからのグサッとくる一言 こりゃマイッタ~【エッセイ・レビュー】

大槻 ケンヂ氏のエッセイである サブカルで食う 就職せず好きなことだけやって生きていく方法 を読んでいるのですが……

とても耳に痛い言葉がありました。

それはですね……
プロのお客さんにはなるな』という言葉です。

「何か表現活動をしようとして、色々なものを自分にインプットするのはいいけど、アウトプットもしようね」
というような意味ですね。

実に耳に痛い!
私も何年か前は小説書いていましたが、インプットすることが心地よすぎてアウトプットしなくなってしまったのですね……
現在はこうして、「ブログ記事の執筆」という形でアウトプットしてはいますが……
やはり、小説を書いたりイラストを描いたりしたいという思いは未だにありますね。

どんな形でも考えていることをアウトプットするのは大変です。
ただ、ブログをやり始めて気付きましたが、何かを生み出すことというのは良いものですね。
大変ではあるのですが、気分が悪いわけではないのです。
自分の頭で考えていることをアウトプットすることで、頭の中だけでグルグル考えなくて済むようになるというのが大きいのでしょう。

人生では、大変かつ気分の悪いことは沢山あるでしょう。
表現活動は大変ではあるのですが、気分が悪いわけではありません。
むしろ、考えていることを外に吐き出せてスッキリするような気がします。

私もプロのお客さんにならないようにしないと……
とりあえず、ブログを書くぞ。

サブカルで食う 就職せず好きなことだけやって生きていく方法 (角川文庫)

サブカルで食う 就職せず好きなことだけやって生きていく方法 (角川文庫)